がん転移は要注意|今からできる名医巡りで成功治療

医者

免疫力を高めて治療

診療

がん治療で心がけておきたいのは、他の臓器に転移してしまう前に治療を行うことです。今までは手術や治療方法が確立されていなかったことから転移のリスクを下げることができませんでした。しかし、最近は免疫療法が登場したことでがん治療が変化しています。

» 詳細を読む

大きな負担が伴う

病院

進行した十二指腸がんの治療で昨今注目されているのが、免疫細胞を利用した治療法です。現在ではこういった侵襲性の少ない治療を選択することが可能になっており、様々な方法を試すことが出来ます。今後はさらに柔軟な選択が出来る状況となっていくでしょう。

» 詳細を読む

胆のうがんについて

診断と治療

女性

胆のう、胆のう管に出来るがんのことを「胆のうがん」と言います。胆のうがんは、他のがんと比べると発生率は低いと言えます。胆のうがんは、初期では何らかの自覚症状があるということはありません。進行とともに脇腹の痛みやしこりなどが現れるようになり、黄疸や下痢などの症状が出るようになります。 胆のうがんの診断は、血液検査やCT検査、MRI検査、造影検査が行われます。なお、血液検査では初期では分からないこともあるため、複数の検査が行われます。 治療は、外科手術や化学療法、放射線療法などがあります。最も確実な方法としては、外科手術を行なうという方法があります。なお、切除する範囲は、転移の有無や癌の深さなどにより異なります。

予後について

胆のうがんの予後は、手術することが出来るか否かにより異なります。がんが出来た場所が肝臓に近い部分であるほど予後は悪い傾向にあります。また、手術をしてがん組織を切除することが出来た場合には、しなかった時と比べて生存率は高くなります。ステージI期では、5年生存率は9割以上となります。 生存率を左右するのは、いかに早くがんを発見することが出来るかということにあります。 手術後には、胆汁の分泌が減少することがあります。その事が原因で消化不良や下痢を引き起こす事がありますので、脂肪分の多い食事は避けるようにしましょう。一度にたくさんの量を食べるよりも、少量をこまめに食べるようにすると消化管の負担を軽減させることが出来ます。

手術や抗がん剤治療

先生

胆管がんの治療で主に行なわれるのが、手術や薬物療法です。通常は数週間の入院が必要になることが多く、医療費はある程度かかります。胆管がんの治療を受ける上では、セカンドオピニオン制度等を利用しましょう。

» 詳細を読む